横浜の美容外科でボトックス注射

ボトックスで発達した筋肉を小さくする

美容整形 輪郭 | 美容外科

むくみ解消とダイエットにより余計に咬筋が目立つボトックスで発達した筋肉を小さくする自然に吸収排出されるという安心点

美容外科を訪ねた時に、最初にイメージしていたのは骨切り術などの顔の骨格を手術で切除する方法だったので、入院にかかる期間や体へのリスクはどれくらいあるのか不安に感じていたのですが、実際に医師から提案してもらったのはボトックスと呼ばれる美容注射でした。
名前は聞いたことがありましたが、実際にどのような効果があるのか知らなかったので説明を受けたところ、「ボツリヌス菌」から抽出されたタンパク質をベースに作られた製剤を利用して顔の一部の筋肉を麻痺させ、衰えさせることで太く発達した筋肉を小さくする治療だと説明を受けました。
注射なので切開を行う必要が一切ありませんし、何より顔の気になる筋肉だけを小さく細くすることが出来るなら自分の顔の印象も変えられると思ったので治療を受けることに決めました。
ただ一過性の麻痺を筋肉に与えることで、顔の筋肉が動きにくくなってしまい、顔の表情が引きつってしまったり食事や会話がきちんと行えなくなるのではと少し不安に感じました。
ただ医師の説明によると、顔を動かす筋肉は咬筋の他にも複数あり、会話や食事などはほぼ他の筋肉が主に行っているため、咬筋が動きにくくなったとしても問題なく日常生活を過ごすことが出来ると説明を受けてかなりホッとしました。
またボトックス注射に使用する製剤は、米国アラガン社製で安全性がとても高く、世界中の医療機関で認可されていることや実際に使用して副作用がでた症例が無いという説明を受けたのも安心して治療を受けることが出来た理由の一つです。